電子書籍ってよくわからないんだけど・・・
読みにくいって聞いたことがあるけど・・・

野呂賢三の小説はお使いの端末に応じて表示が変わる電子書籍です。文字が小さくなることもなく読みやすい!

スマートフォンでは小説の文字が小さくて読めない・・・
電子書籍って読みにくいから使わない・・・そう思っていませんか?

野呂賢三の小説は電子書籍でも読みやすいんです。

どうしてかというと・・・お使いの端末に応じて小説の表示を変えてくれる電子書籍だからです。
だから、小さなスマホでも画面の大きなスマホでもその画面の大きさを認識して1ページに表示する文字の量が変わる!

iphone7での表示

Kindleタブレットにての表示

 

電子書籍やPDFのダウンロード購入についてまとめてみました。

電子書籍版とPDF版のどちらを購入したらいいの?

◆電子書籍版は小説をお読みになる端末が「スマートフォン」や「タブレット」などをお使いの方におすすめします。

特徴は「端末が小さい画面でもその画面の大きさに応じて読みやすく表示を変えてくれる」ところです。

また「電子書籍を読むためのアプリ」が必要になります。購入の際は電子書籍を読むためのアプリがあるかを確認してから購入される事をお勧めします。

◆PDF版はスマートフォンやタブレットなどを持っていない方・もしくはパソコンでダウンロードして印刷してお読みになりたい方などにお勧めします。

特徴は「内容が固定されているので、端末の画面の大きさによって変化することがない」ところです。パソコンから印刷も可能です。

購入時の決済について

購入にあたって数種類の決済を選択できますが、コンビニ決済・キャリア決済では、別途支払手数料200円(購入者負担)が発生いたします。
ご承知おきください。

購入した電子書籍を読みたい場合

「今すぐ購入する」ボタンを押すとカートに入ります。そのまま決済に進むと決済完了の時点でダウンロードボタンが表示されます。
そのボタンをクリックしていただくとダウンロードが始まります。
購入の際に登録して頂いたメールアドレスに届いたメールからでもダウンロードが可能です。

ダウンロードした電子書籍を開く時は「電子書籍を読むためのアプリ」が必要になります。

iPhoneの場合

IPhoneやiPadですとダウンロード完了後にブックにコピーを選択すると購読が可能になります。

この「ブック」と表示されているiBooksのアプリはiOS8より標準搭載されているアップル社が提供する電子書籍リーダーです。

Androidの場合

GooglePlay ブックス などをインストールすると購読可能になります

Androidの電子書籍リーダーアプリのおすすめが載っているページ

GooglePlay ブックスの案内ページ

Kindleの場合(Amazon Fireタブレット)

Kindleの場合、この電子書籍の形式では読み込むことが出来ません。
下記のURLを参考にご自分で読み込める形式に変換していただくか、お問い合わせください。

Kindleで読み込む方法 問い合わせしてみる