Slow blues LIVE ありがとう!

2018年4月7日、昨日夕刻からライブハウス slow bluesでアコースティックライブをスタート。
いつもように多くの方が見に来てくれました。
今回は皆さんから歌もギターもとても音が良かったと言って頂けたのでホッとしています。
シュアーマイクとギブソン予定でしたが 、ギブソン君は機嫌悪しでコリングスで歌いました。
30年前のシュアーは独特の滑らかさがありますが近接効果が激しいので、理解して使わないと
とても難しいマイク。
オンマイクで歌いきるかマイクコントロールして低域と高域を使い分けて歌うか。
僕にとっては、とっても面白く表現を自在に可変できるマイクだが、
失敗すると大切な詩の部分がすっぽ抜ける事件に、、。

それからなんと!驚きなのは横浜から来たお客さんがいたということ。
世界を旅してるSACHIEさん、、。その日、横浜からみえて翌日帰られたようです、
小説を読んでくれて、わざわざライブの為に来てくれた、、。ありがとう、。
とても喜んで帰られたようなので先ずは一安心。

みんなを満足させるのは難しいかも知れないけど頑張って歌うだけだ。
お客さんからも役者をしてからの自分は歌詞の説得力も違うことを伝えて頂いた。
役者や朗読会で勉強した一年半は決して無駄にならなかったと確信できたライブだった。
遠回りしたけど向上を確信できた久々の良いライブでした。
本当に皆さんありがとう!!
次は6月に予定していますから、またお会いしましょう!

4月7日(土曜日) slow blues ライブ

3月17日に行われる朗読会のリハもいよいよ大詰め、役者の皆さんには本当に頑張ってもらっています。
栄養ドリンクを飲み干しリハに入る役者さんを見ていると本当に感謝の一言!です。

そして朗読会が終わる間も無く4月7日は星ヶ丘近くにあるスローブルースというライブカフェで
午後6時からライブが決定した。
スロブのマスターのご好意でこのような話となりました。
去年から劇団、朗読会と進み、表現の勉強してようやく古巣の弾き語りに戻ってきました。
是非、下手っぴな僕の歌を聞きに行きましょう。
早めに見ておきましょう、どんどん下手になっていきますから、、、。(涙、、)
ギターはギブソンJー45 VOSでやっちゃうぞ。いや、やられそーだ、、。
でも練習して、少しでも来てくれた人を楽しませるよう頑張りまーす!!
よろしく〜、来てねー!
(1500円ドリンク付き)

10月30日 Acoustic Live はこれを弾こうか、、、。

image

Liveが近づいてくると「今度はどこのギター、使うの?」
なんて音楽仲間から声をかけられる。
近年ギターの本数が増えた僕だが、実は贅沢を言えばサイズと音のバランスが合うものが
中々無いもの、、、。
そりゃあそうだ!
こっちもあっちもバランス良くはいかないもの。
なぜか?簡単な答え、、。木だからである。
揺れて音を出すいい楽器には必ずウイークポイントがある。
それを乗り切るのは今の僕には難しい。
悪魔とすれ違った時に片耳を取られた今の僕では、、。
でも僕は負けない、、ジャジャ馬、Jー45で挑戦だ。
みんながこうして応援してくれてるんだから、こんなところで「ギブ」したら「ソン」だ!
うーん、?久々ブログ書くと怪我するなあ、、、。
みんな、歌うぞ!KENZOは!!!遊びにきてねー!待ってまーす‼️