手動扇風機の巻〜

先日、栄MITSUKOSHIさんに扇面加工の伝統工芸士の高島孝風さんが来店しその匠の技を披露していた。
私は京都から来られた高島先生に「月の離宮」を出版した事を伝え、
記念にその扇子に紅葉と月の絵柄を入れて頂いた。✍?
普通は平たい和紙や麻に絵を描いてから竹の骨を入れて完成していくのだが、高島氏の場合、
直接フリーキックだ。いや直接描いていく、、、。
そのまるで浮かび上がるような美しい絵に今宵、私は心惹かれている。
一生使いたい、、、そう思わせる一級品だ。
ゆっくりと仰ぐとお香の香りが漂う、うーん極楽極楽、、。?
えっそんな先生に描いてもらったら幾らするのかって??
先生に描かれた扇子は一級品となったが価格はナンセンスだ。?
冷や汗が出る値段だ!よしすぐに扇子を使おう、、。
でも先生!本当にありがとう、このご縁に感謝、これで扇風機を持ち歩かずに済みそうです、ピュー。???
image

野呂賢三に伝える。(コメントの所をクリック又はタップしてください。『名前』と『メールアドレス』『ウェブサイト』の記入欄が出てきますが必須ではありません。)投稿後コメントは即時表示されませんのでご承知置きください。