今年もそろそろ、年の瀬でお礼の言葉。

茶の間の皆さんこんにちは。(茶の間じゃないかスマホだから)ま、、いいや、、。
いやあ早いもので今年ももうここ数日で終わり、新しい年を迎えようとしている。
今年は先日出版した「月の離宮」に追われ追われ、あっという間の2015だったが応援してくれた皆さん本当にありがとう!!

最近はこの本を手にしてくれた人が増えてとても喜ばしい事なのだが、自身書き終えて思うことがある。

子供を授からなかった私は子を持つ親になりたくてこの物語を作り、一人の親として存在したかったのかもしれない。いや存在してみたかったと言った方がいいのかもしれない。
そんな自分が少しづつ皆んなの声から見えてきた。モノを作るたびに鏡を見ているように自分が映る。
きっとこのサイトを読んでくれている人の中には、何かを作ったり書いたりしている人がいると思うけど、最後までやり終えると見えてくる自分がいることを知っているだろう。

久々に身を削った一年だったが、この話を読み終えた人同士が愛について意見交換できる、そんな「570ページの手紙」を世に贈れたのならばそれは自分にとって、このうえなく幸せなこと。
image
来年はライブで歌いたいし活動を豊富にしたいが、カラダに気をつけてやっていこうと思ってる。
沢山の人と出会い生きる力を貰って、また「優しさを与える力」を身につけたい。
現場ではパーカッション横山氏に助けてもらいながらもKENZOはソロリストとしてこれからも頑張りまーす!

「年の瀬」だけど歳のせいにしないように行こう〜〜‼︎
皆んな〜若い気持ちで行こうぜー(それが年寄りだって言ってんの)

ではでわ、いい年迎えてねー!またライブでみんなのいい顔を見せてくれー、ってわけでまた会おう!
2016来年もよろしくーーーー!ピョンピョン! (なんの音?、、、。)

野呂賢三に伝える。(コメントの所をクリック又はタップしてください。『名前』と『メールアドレス』『ウェブサイト』の記入欄が出てきますが必須ではありません。)投稿後コメントは即時表示されませんのでご承知置きください。